>NTTデータ ジェトロニクスの採用情報サイト

Recruiting Site

02
PERSON

専門的な
知識と経験で
サポートしたい

M.YAJIMA

システムエンジニア
2016年 入社

文系でも技術を積んで
活躍できるSEを志望。

金融ソリューション事業本部でシステムエンジニア(SE)として働いています。大学の学部は文系で、SEの仕事は未経験でしたが、ITに苦手意識がなかったことや、勉強すればするだけスキルを身に付けられることに魅力を感じてSEを志望しました。入社後に研修もしっかりあるので、文系の学部出身でも未経験でも問題はないですね。当社は金融系に強く専門性が高いこと、上流から下流まですべてのフェーズに関われることも大手ならではの魅力だと感じました。

主な業務はSWIFTに関連する社内情報の集約や、それぞれの銀行を担当する顧客チームからの問い合わせ(QA)への対応です。顧客チームで解決できない問題のトラブルシュートをしたり、その問題が社内で解決できない場合はSWIFT社へメールで問い合わせをします。お客様と直接やりとりすることはなく、顧客チームをサポートするのが主な仕事です。

フレンドリー
会社説明会は衝撃!

就職活動時、SEがターゲットの一つだったこと、大手企業のNTTデータの子会社ということなどから当社の選考を受けましたが、入社の決め手になったのは、フランクな社風や“人”でした。
会社説明会では人事担当者が積極的に学生に話しかけて、とてもフレンドリーだったのが衝撃でしたね。他社の説明会に行くと会場がシーンと静まり返っていることがほとんどだったので、他社と全く違う雰囲気ですごく新鮮に感じました。

その後の選考でもきちんと人間的に対話してくれました。他業界の選考も受けていたのですが、最終面接でそのことを正直に話すと「本当にうちでいいの?」なんて、心配してくれたのも印象深いです。入社のミスマッチを防ぐ意味も当然あったと思いますが、一個人として親身になってくれているのがわかって、安心して入社を決めることができました。

辛い時こそ、伸びる時。
きっと乗り越えられるはず。

今の部署に配属された頃はちょうどとても忙しい時期で、まだわからないことも多かったので大変でした。でも、辛い時こそ、伸びる時。「成長の余地があるということ」と自分に言い聞かせて、前向きに取り組むようにしました。
困ったら相談できる先輩がいることも心強いです。例えば、SWIFT社とは英語でやりとりするため、意思疎通が難しいと感じる場面もあります。そんな時は自分の認識にズレがないか先輩に確認します。質問する時はその場しのぎではなく、自分で考えて理解することも心掛けています。

SEってずっとパソコンをカタカタ打ってプログラミングしているイメージがあったんですが、意外とそうではなくて。特に今の部署は、「コミュニケーション能力」が求められていると思います。相手がどんなことを考えて、何を伝えようとしているのかを理解し、こちらも伝えるべきことをしっかり伝えることが大切ですね。

資格取得のフォローや
働きやすさも魅力。

今後はさらに専門的な知識や経験を積んでチームに貢献し、顧客チームをサポートしていきたいと思っています。そのためにも、今はSWIFTのある資格の取得に挑戦中です。会社が取得を推進している資格なので、業務中に勉強ができたりと、フォローしてもらえるのがありがたいです。めざす資格があると張り合いが出るのがいいなと思います。同じ資格をめざしている先輩がいるので、知識を共有したり、「ここが難しい」とか相談したりしながら頑張っています。

当社はフレックス制や有給が取りやすいなど、働きやすいことも魅力ですね。子育てしながら働いている女性も多いです。また、夫婦で一緒に育児休暇を取得して、1年後に同時に復職されたご夫婦もいます。この会社なら長く働いていけそうだなと感じます。

ある1日のスケジュール

SCHEDULE
10:00 出社。メールチェック、
タスクの整理
10:30 情報確認、展開
11:00 チーム会議
12:00 昼食
13:00 QA対応
16:00 社内向け資料の作成
19:00 退社